gleich zum inhalt springen

鍵交換は自分でもできるのです。

業者に任せてみる

鍵のトラブルは様々なものがあります。
例えば、鍵の老朽化でがたが来ている場合もそうですし、鍵を破られてしまったなんて話もあるでしょう。
そうなってしまうと、財産はもとより最悪命の危険に立たされることもあるでしょう。
ですから、今後最悪の事態を防ぐために、業者に任せるという手段があります。
業者さんならば、あなたが利用しているドアに相応しい鍵は何かを示してくれますし、今後の防災対策を丁寧に教えてくれるでしょう。

自分で鍵を交換するならば

しかし知識さえあれば、鍵の交換が可能といのも事実です。
この知識というのはそれほど難しいものではなく、防犯力上げる方法と、的確に行うための方法といった基本的なものです。
まずしてはいけないのが、鍵の交換の際に、同じシリンダーを使う事です。
昨今の空き巣の手口は巧妙化しているので、古いほど鍵が破られやすくなっています。
それに使い古しのシリンダーですと、それだけで防御力が期待できなくなっていますから、防犯力の高いシリンダーにグレードアップしておくことが大切です。
例えば、ディンプルシリンダー錠ですと、シリンダーとの一体化がなされていて、ピッキングに強くなっていますし、現に空き巣被害が大幅に減っているというデータが出ています。
こうした工夫はDIY程度のコストで可能になっているのも見逃せないところです。
ホームセンターの物だからといって、安全性に疑問詞を持つのではなく、効果的なものを利用してほしいものです。
また、鍵の交換の方法は基本的に、説明書に書かれていますし、アイテムはドライバー1つでできる事が多いです。
もしそれ以外が必要な場合でも、商品に付属しているのもポイントです。

ケースバイケースで考えよう

この様に、鍵の交換はしっかりと行う事が肝心です。
自分で行うのもいいですし、時間や費用に余裕があるならば、業者さんの指導を受けてみるのもいいでしょう。
勿論最終的に重要なのは、悪い人から鍵を破られることを防ぐことですから、自分にあった手段を選んでくださいね。

admin in 防犯対策
Your Reply:


required


required, (won't be showed)



You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Trackback this Article  |  Subsribe to Comments